養成部

創業以来50年間で培ってきた経験と実績、ノウハウをもとに、つねに業界の最先端をいくアクション俳優、スタントマンの育成に全精力を傾けています。

将来に向けて無限の可能性を持つ皆さん!私たちと共に、夢と情熱をかなえるためのスタートラインに立ちましょう!

養成所への入所とオーディション

入所には、弊社が主催するオーディションに合格していただく必要があります。
オーディションでは、基礎体力や演技力等を拝見し、口頭での質問をさせていただきます。
オーディション合格後は、弊社オリジナルのカリキュラムに沿い、1年間の授業に臨んでいただきます。

なお入所にあたりましては、入所金や月々の授業料に加え、乗馬やスキューバーダイビング等の特別メニューを実施するために、合宿費等実費が必要となる場合があります。毎年1月頃に入所希望者の募集をスタートし、3月中〜下旬にオーディションを開催しております。

次回の募集やオーディションの時期、入所にかかる費用、詳しいカリキュラムの内容等に関するご質問は、こちらよりお問合せください。

カリキュラム内容

入所後約1年間、以下のカリキュラムに沿って学んでいただきます。

稽古日週4日、弊社ファクトリー(稽古場)にてトレーニングを実施します
稽古メニュー基礎訓練:マット運動基礎/時代殺陣/現代殺陣/中国武術/ジャズダンス/少林寺拳法/演技/スタント基礎
特別メニューパルクール/ロープワーク/ロープスライダー/乗馬/スキューバダイビング/舞台鑑賞、撮影現場研修等を予定。
ライセンス取得スキューバダイビングCカード習得等(希望者のみ)
卒業公演養成部で1年間稽古した成果を、卒業公演という形でお披露目します。ご家族・知人、養成部OB、業界関係者、一般の方々など、多くの観客の前で初めて体験する本番です。

コーチ紹介

現代殺陣/スタント基礎
蜂須賀 昭二

12期、栃木県出身。
長いキャリアの中で、特撮作品に限らず、映画、TV、舞台、イベント出演と幅広く活躍。シアターGロッソで上演されたスーパー戦隊シリーズ作品では、歴代レギュラーキャラクターのスーツアクターとして出演の他、アクションコーディネイターとしても手腕を振るう。

メッセージ

映画やTV等で見るアクションに興味のある方、ぜひジャパンアクションエンタープライズに! アクションやスタントを始める事に不安を感じている人、結構いると思います。

地方の方などは特に、東京に出て来る事も心配になると思います。毎年、皆さんと同じような悩みを持ちながらも「アクションがやりたい!」と、夢の実現に向けてチャレンジしている仲間がいます。

もしアクションがやりたくても悩んでいるなら、勇気を持って一歩踏み出してみませんか?きっと新しい世界が広がると思います。 若い時にしか出来ない事、やらないで後悔するより挑戦してみませんか!

私といっしょに、あなたの夢を叶えましょう!


時代殺陣
辻本 一樹

16期、大阪府出身。
アクション全般を得意とするが、特に時代殺陣、乗馬スタント、ロープスタントを得意とする。2016年、JAE主催イベント「JAE “春” プレミアムイベント~ Jump Up!」にて、前人未到の「舞台で20分間、連続時代殺陣披露、全570手(100人斬り)」を達成している。

メッセージ

人生に、確約された将来なんてありません。挑んでください!ご自身と、今後の人生を左右されるであろう1年間に。

そして、1年を通して一つ一つ手繰り寄せてください。あなたがやりたかった事を。成りたかった自分を。

簡単な事ではありません。想像以上に険しい道です。でも、仲間がいます。同じような目標に向かい、足掻いてる同期たちがいます。その道を必死になって切りひらき、踏破してきた先輩たちがいます。彼らに出来て、あなたに出来ない事はないのです。後は、あなたが決めるだけです。


マット運動基礎
岩本 祥太

16期、大阪府出身。
1991年、JAE養成部専任コーチとして就任。22期生から現在50期までマット運動を指導。

メッセージ

1年間で自分がどこまで成長できるか?その為の努力を惜しまず、1年間頑張ってください。


中国武術
喜多川 2tom

6期、山口県出身。
俊敏でアクロバティックな動きを得意としている。長年、中国武術を学び、スーツアクターとしては、『五星戦隊ダイレンジャー』のレギュラーキャラクター役で本格的中国武術を披露した。映画『モスラ3 キングギドラ来襲』(98年)ではキングギドラを演じ、『ゴジラFINAL WARS』(04年)ではゴジラを演じた。

メッセージ

自分の目標に向かって頑張ろうと思っている!ガンバっている後輩達へ!

思い起こせば40年以上、スタントマン、スーパーヒーロー等を演じてきました。この世界に入った頃は、頑固に自分のやりたい事だけをがむしゃらに頑張ってきました。

慣れてくると色々なものが見え、色々なものに興味を抱き挑戦したくなるのです。このように思うのは、自分だけなのか?沢山の若者たちにも体験してほしい。そして、自分が覚えてきた事を引き継いでほしい。

On their own volition! 英語も大事ですね~^^


少林寺拳法
田村 英機

中学2年の時に少林寺拳法に入門。23期~現在50期まで少林寺拳法を指導。

メッセージ

自分の知らない自分を見つけましょう!


ジャズダンス
宮田 直美

上智大学外国語学部 英語学科卒業。幼少より小学4年までシンガポール、中学高校はアメリカにて生活。 小学5年生で佐多・河内バレエスタジオ「くるみ割り人形」で、初舞台を踏む。 帰国後、大学時代よりダンス活動を再開、以後、ダンス公演、イベント、ミュージカルに多数出演。 現在は、アート・ステップス、弊社講師、 同時にイベント、劇団、ダンス公演の振付師として活動中。

メッセージ

1年間、体の使い方、ダンス用語、リズムの取り方、テクニック、振付覚えの練習まで、みっちり行っていきます!

夢の入口へようこそ、1年間、一緒に学んでいける事を楽しみにしています。


演技
上田ボッコ

福島県出身。
舞台芸術学院卒。同年、東京演劇アンサンブルに俳優として入団。1996年、SCARECROWSを旗揚げ。脚色・演出にも力を注ぎ始める。2010年、演出したアーサー・ミラー作『るつぼ』が、豊島区長賞を獲得する。現在 SCACROWS・LEGを主催。演出業に力を注いでいる。

メッセージ

自分の演技をつかむ。おそらくそれは個人的な事で、百人居れば百の方法が有るのかも知れません。しかし、演技をつかむ訓練は一人では決してできません。

言葉の為のテキスト(セリフ)を重点的に多く用いて、一人一人 丁寧に指摘し、自分の演技をつかむ為のレッスンを粘り強く楽しく積み重ねて指導していきます。


パルクール
松原 凛

埼玉県出身。
舞台『「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage 』(19年)常闇踏陰役、舞台『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人” 』(18年)土湯新役、舞台『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーショー』(18、19年)レギュラーキャラクター役、映画『パンク侍、斬られて候』(18年)足軽役他。

メッセージ

養成所に入ろうか否か、迷っている皆さんへ。

養成所は、体力、忍耐力、礼儀、そして専門分野に特化した講師陣から、様々なアクション・スタント技術を学ぶことができる素敵な場所です。 わずか1年で、人間として大きく成長することが出来る場所だと思います。

代理講師、補佐役紹介

現代殺陣 代理講師伊藤 茂騎今井 靖彦永徳竹内 康博渡辺 淳
時代殺陣 代理講師青木 哲也
マット運動基礎 補佐松原 凛寒川 祥吾東 慶介
パルクール 代理講師石上 龍成(兼トリッキング講師)

卒業生メッセージ

16期 竹内 康博

愛知県出身。
TV『炎神戦隊ゴーオンジャー』(08年)のレギュラーキャラクター役をはじめ、TV『侍戦隊シンケンジャー』(09年)からTV『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(19年)まで、歴代スーパー戦隊シリーズにレギュラーキャラクターのスーツアクターとして出演。映画『イン・ザ・ヒーロー』(14年)では、忍者役等で出演他。

メッセージ

僕も34年前に、JAEの門を叩きました。皆さんと同じ様に、希望と不安といろいろな気持ちを持ちながら…。アクションの道なので、当然肉体的、精神的にも辛いことは多いです。

しかし、自分の好きな道で学んでみるのが、まず人生の一歩でもあります。入所すれば素晴らしい先輩、仲間達と出会える事でしょう。


20期 おぐら としひろ

東京都出身。
TV『仮面ライダー電王』(07年)、TV『仮面ライダーウィザード』(12年)、TV『仮面ライダードライブ』(14年)、TV『宇宙戦隊キュウレンジャー』(17年)等にて、レギュラーキャラクターのスーツアクターとして出演。シアターGロッソで上演されたスーパー戦隊ショーの演出の他、アクション監督も務める。TV『NHKドラマ10 トクサツガガガ』(19年)では、アクションコーディネーターを担当他。

メッセージ

このホームページを御覧になっているということは、アクションが好き、もしくはアクションに興味がある方だと思います。是非、その好きや興味があるという気持ちを大切にして、一歩踏み出してみませんか?

自らの身体を使ってアクション、スタントをこなせる俳優、女優を目指して。近道はありませんが、仲間がいることで、その道も乗り越えていけると思います。

先輩、同期、後輩は、仲間でありライバルです。時には競い合い、時には手を差し伸べ、時には後押ししてくれる。そんな仲間たちがいるジャパンアクションエンタープライズ。

是非、映像や舞台、イベントなど、いろんなところで活躍していく仲間になりましょう!


32期 永徳

千葉県出身。
TV『特捜戦隊デカレンジャー』(04年)のレギュラーキャラクター役、TV『仮面ライダー電王』(07年)からTV『仮面ライダージオウ』(18年)まで、歴代平成仮面ライダーシリーズにレギュラーキャラクターのスーツアクターとして出演。

メッセージ

こどもの時に観たテレビのヒーロー、僕がこの世界に飛び込んだのは、憧れの気持ちからでした。

あの日からたくさん練習して経験を重ねるうちに、同じ目標の仲間も増え、数年経った今でも現場で互いに刺激し合って、成長を感じています。

今は経験が少なく自信がないという人も、好きと思える事に勇気を出して一歩踏み出し、チャレンジする事で道が拓けると僕は信じてます。これから、一緒に頑張れる仲間に出会えるのを、心待ちに僕も頑張ります。


37期 浅井 宏輔

愛知県出身。
TV『動物戦隊ジュウオウジャー』(16年)、TV『仮面ライダーエグゼイド』(16年)、TV『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(18年)等、レギュラーキャラクターのスーツアクターとして出演。シアターGロッソで上演された舞台『騎士竜戦隊リュウソウジャーショー』第2期(19年)へ出演。ミュージカル『忍たま乱太郎』第一弾(10年)のドクタケ忍者役や、TV『MAG!C☆PRINCEのマジ☆弟子』(17年)に師匠役として出演他。

メッセージ

特撮作品に夢を持ち、JAEで学ぶことを考えている皆さんへ。この世界は、とても厳しい世界です。皆さんが想像しているよりも、はるかに厳しい世界です。

その世界を「ちょっと覗いてみたい」、と思うくらいの軽い気持ちであるならば、はっきり言ってやめた方がいいと思います。

ただ、それでも挑戦したいと思う人へ。誰も責任は持ちません!覚悟を持ってきてください!そんな真剣な「人」と、一緒にお仕事ができたら嬉しく思います。僕自身、皆さんの目標であり続けられるよう、常に挑戦していきます。


37期 佃井 皆美

埼玉県出身。
TV『仮面ライダー鎧武/ガイム』(13年)及び劇場版『仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦! 黄金の果実争奪杯!』(14年)湊耀子役・レギュラーキャラクタースーツアクター、 劇場版『破裏拳ポリマー 』(17年)ナオ役、DVD『ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO』(17年)マキ役で出演等。舞台『デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~』(19年)リィ役、 舞台『RE-INCARNATION RE-COLLECT』(18年)張角役、舞台『真・三國無双』(19年)孫尚香役で出演他。

メッセージ

人生で、「私!!がんばった!!!」と自信を持って言える期間が、養成所の1年間です。

アクション、スタントなど、危険と隣り合わせの厳しい環境で真剣に学ぶ中で、技術はもちろんですが、根性、学ぶ姿勢、集中力、団結力、沢山のことを教えてもらいました。

そして、尊敬するコーチ、かけがえのない仲間と出会えた事が、何よりの財産だと思います。勇気を出して飛び込んで来てください!きっと、素敵な経験になると思います。


40期 新田 健太

大阪府出身。
舞台『PARAMUSHIR ~信じ続けた士魂の旗を掲げて』(18年)出演、舞台『えきものがたり』(17年)谷口蘭丸役、舞台『逆鱗ディストラクション』(17年)陣之介役、Vシネマ『仮面ライダーW(ダブル) RETURNS 仮面ライダーアクセル』(11年)ノブ役、TV『NHK 連続テレビ小説 とと姉ちゃん』(16年)第 61・62 回出演他。

メッセージ

養成部に通った1年はとても濃密で充実しておりました。技術はもちろん、礼儀や心構えもしっかりと教えて貰えます。

まずは1年。されど1年。日々志を高く怪我に気をつけて過ごして下さい。皆様と一緒にお仕事出来る日を楽しみにしております!!

責任者ご挨拶

株式会社ジャパンアクションエンタープライズ 代表取締役副社長
西本良治郎

1949年生まれ、東京都出身。
東映東京撮影所専属俳優を経て、東映、大映作品を中心に、映画・舞台・TV等でアクション監督・殺陣師として50年以上活躍。著名な監督との信頼関係も厚い。劇団昴、劇団S.W.A.T!を始めとし、演出家としても活躍。

ご挨拶

養成部を統括しております西本と申します。
養成部が50期を過ぎる中、弊社と致しましては初心を忘れず俳優の育成に励んできました。『肉体は俳優の言葉である、強靭な肉体と柔軟な体を持って五体で芝居を表現する』これが俳優だ!故深作欣二監督のお言葉を肝に銘じて邁進してまいりました。

スタントマンやスーツアクターは、顔が映らないから芝居は重要でないと思われがちですが、それは大間違いです。なぜなら、吹き替え対象である俳優さんの指先の動き、足の運び、体全体から醸し出す雰囲気までを真似て芝居しなければならないからです。

これらすべてを、養成部の1年間で習得することはできません。俳優もどんな職業も一生修行です。故黒澤明監督のお言葉を借りれば・・・。代表作は「ネクスト」。次作と言う事です。

たかが1年されど1年です。しんどくてきついと思いますが、頑張って損はありません。他の人生とは違う充実感が得られる1年だと思います。

稽古は厳しいですが、自分への投資です。協調性のない人は、成長しません。アクションも芝居も、全て相手とのキャッチボールだからです。自分一人が幾ら頑張っても、相手が合わせてくれなければ、良いアクションも芝居も出来ません。苦しくてもめげず、挫けず、自分を信じて頑張って下さい。

そして一生の思い出となる卒業公演を、わたしたちと一緒に作り上げましょう。

JAE養成部にご興味のある方

JAE養成部51期生の募集開始は、2020年1月上旬を予定しております。
養成部に関するご質問は下記「お問合せ」より必要事項をご記入の上、お問合せください。

<資料をご希望の方>
84円切手5枚を同封の上、返信先を明記の上、下記宛先まで郵送下さい。
〒115-0051 東京都北区浮間4-16-6 JAE FACTORY 養成部・資料請求係行